中共の脅迫に屈せず、カナダのギブソン町が「法輪大法の月」を宣言

明慧日本 / 2010524

 

  カナダのブリティッシュコロンビア州のギブソン町(Town of Gibsons)の町長は2010518日、20105月を町の「法輪大法の月」に定めることを発表した。

 数年来、法輪功への支持を阻止するため、カナダの中国大使館と領事館はカナダ各地の政府にプレッシャーをかけていた。ギブソン町も法輪功を表彰しないようにと、領事館から要求されていた。ベリージャンク町長(Barry J. Janyk)と町議会は、人権に背く中国共産党の行為に決して妥協せず、カナダの価値観を守る意思を表明した。

 

 これ以上、町の事業をかく乱すると、このような独裁行為はここで通用しないと警告したい、と町長は述べた。そして、カナダ人の法輪功修煉者が法輪大法学会を代表して表彰状を受け取った。この修煉者は町議会で新たに法輪功の修煉の原則と迫害の実態を紹介し、中共による迫害事実を暴き出した。 

 

 美しいギブソン町はカナダ西部に位置する島都市で、バンクーバーから車で約1時間のところ。

 

 以下はベリージャンク町長(Barry J. Janyk)が発表した表彰状の内容。

 

 法輪大法の修煉を通じて世界中の1億もの人の健康を改善させ、道徳を向上させ、人生、人類と宇宙への理解を深めたことに鑑み、

 

 法輪大法は「真忍」という宇宙の特性に基づいて修煉を積み重ね、修煉者は日常生活の中でこの基準に従って、もっと良い人になろうとしていることに鑑み、

 

 ますます多くのカナダ人が法輪功を学び、そして法輪大法の煉功、講座および他の文化活動はすべて無料かつ公に行われていることに鑑み、

 

 カナダ各地の法輪功修煉者は5月にトロント市に集まり、2010年カナダ修煉体得交流会を開催し、ひたすら「真忍」の理念を推進していることに鑑み、

 

 よって私は、ギブソン町の町長として、20105月をギブソン町の「法輪大法の月」にすることを宣言する。以上をもって「真忍」を表彰する。

 

 (町長署名)