われわれの使命

人権に国境はないという普遍的な価値観に基づいて、中国人民の基本的な権益を尊重して 守るため、すべての人の尊厳を保障するために、人道的な立場から、不当な圧制を受けて迫害され、しかも自分の主張を自由に表現することも許されない人々の 代弁者として、「正義中国国際連盟」の創立を宣言する。

「正義中国国際連盟」は国際的な非政府組織、協会及び個人により構成するものとする。

連盟の最も重要な責務は、「世界人権宣言」を無視する中国共産党当局の人権迫害行為を暴露することである。

国際社会は中国の人権問題に注目している。中国共産党当局は人権問題の改善を承諾したにも関わらず、中国人民の基本的な権利と自由を改善するための有効な措置をまったく実施していない。

 「正義中国国際連盟」は、中国の基本的人権問題の改善を促し、すべての人々の尊厳を保障するという中国政府の承諾の履行を促すことに努める。

 中国共産党当局は、基本的な倫理道徳を無視し、最高裁判権を掌握して物事の是と非を任意に判定し、中国共産党の思想と一致しないものをすべて排除している。このような政権には、すでに自己修正の余地はなく、外部の力による改変しか方法はない。

 「正義中国国際連盟」はできるだけ確認された信憑性がある事実情報に基づいて発信する。これらの情報の発信は国内外の報道機関にとって重要な参考資料にもなり、中国で迫害されている人々や人権活動家たちにとっても有力な支援になる。

 言論の自由や思想の自由が尊重されることは、人権の基本である。しかし、このような 基本的な人権を求める平和な活動でも、中国共産党当局の武力による弾圧の対象になっている。「正義中国国際連盟」は人権活動家たちを支援し保護するととも に、国際社会が彼らの活動の重要性を認識するように発信し続ける。

民衆が事実を知る権利や迫害を受けた被害者が賠償を請求する権利を守るため、「正義中 国国際連盟」は地域、国家及び国際社会の力を借りて中国現政権の不正な行為を制止するために努力し、各国のメディアと協力して世界の人々に真相を伝え、被 害者を救援するために各国政府及び国際社会の非政府組織に呼びかける。

「正義中国国際連盟」はフランスのパリに本部を置き、フランス政府に登録された団体組織なので、フランスの1901年7月1日に通過した憲法第5条、1901年8月16日に通過した補充条例の第1条及び関連する国際法の保護を受けている。