迫害について

無戸籍者にされた、ある法輪功修煉者の遭遇

明慧日本 / 201119
 
  元中国電力科学院博士課程に在籍していた鄭旭軍さんは国家電力科学技術進歩賞の受賞者である。法輪功への信仰を放棄することを中共に強いられたが、従わなかったため200011月に中国電力科学院を退学させられ、更に中国電力科学院の中共関係者によって戸籍を剥奪された。その結果、鄭さんは中国でどこにも登録されない、所属していない「無戸籍者」になった。鄭さんはかつて2回にわたり北京市団河労働教養所と悪名高い瀋陽の馬三家労働教養所に監禁されさまざまな迫害を受け尽くした。
 

武漢市:思想改造施設「法教班」での悪質な洗脳の実態

明慧日本 / 2010114

   中共(中国共産党)の弾圧政策のもとで専ら法輪功を迫害してきた610弁公室は、依然として法輪功の修煉を放棄させる目的で、拘禁施設や洗脳班などの思想改造施設を各地で多く設置している。

湖北省の刑務所、受刑者に法輪功修煉者に暴行させる

明慧日本 / 2010416

    湖北省の範家台刑務所で20091021日、受刑者と警官が一緒になって法輪功修煉者を殴打する犯罪事件が発生した。

  事件の詳細は以下の通り。

温家宝首相訪米:多数の抗議団体、中国国内の迫害停止呼びかけ

大紀元日本 / 2008年9月27日

9月23日から始まった第63回国連総会に参加した温家宝中国首相は同日午前、宿泊先のウォルドルフ・ホテルの外で駐ニューヨーク中国領事館が手配した親中国共産党(中共)の華僑団体および学生らの歓迎を受ける一方で、国際人権団体や中国民衆のデモ抗議を受けた。「歓迎」する群衆は午前10時半に温首相がホテルを出発すると、早々とその場を去ったが、抗議する民衆はそのまま抗議をし続けた。

山東省:オリンピック開会前から、イ坊の法輪功修煉者100人以上が不法に連行されている

明慧日本 / 2008年8月20日

中国共産党は、中共政権を自ら救う最終手段をすべてオリンピックに託している。同時に中共政権はオリンピック開会前から、正義ある人々への迫害をなお一層、激化させてきた。罵られても口答えしない、殴られても殴り返さない法輪功修煉者に対して、白昼衆人環視の中、暴力を利用し、暴力対策警察や軍隊、ならびに警察用具を使用している。また邪悪な手段で法輪功修煉者に対し、不法に連行・自宅侵入・家財没収などを行っており、家族まで巻き添えにしている。幼い子供ですら同様に見逃がさないのだ。その残忍非道な手段は人に激しい怒りを覚えさせる。中共の犯罪行為は、書き尽くせないほど多いのである。

中国人の共産党離脱運動、日本にも意義重大=NPO法人「世界脱党支援センター」、東京で初報告会

大紀元日本 / 2008年7月13日

中国大陸および海外在住華人の共産党関連組織から離脱する運動を支援する組織「世界脱党支援センター」日本支部が12日、東京都内で報告会を開いた。同組織が先月、東京都の特定非営利活動法人(「世界脱党支援センター日本」)として認証を受けた後初の報告会。中国大陸の民間で進んでいる中国共産党の関連組織(中国共産党、共産主義青年団、少年先鋒隊など)からの離脱運動の背景と現状、日本でNPO法人組織設立の趣旨および今後の活動内容などが報告され、各界有識者が中国共産党関連組織からの離脱(以下、脱党)の重要性を訴えた。

脱党チラシ配布のボランティア、嫌がらせ受ける=東京

叶子 / 2008年5月21日

中国国内民衆の脱党を声援する「全世界脱党支援センター」日本支部のボランティアが池袋でチラシを配布する際に、在日中国人から嫌がらせや、暴行を受けていたことが判明した。

中国広東省:深せんで民衆の抗議、頻発

安娜 / 2008年5月5日

4月23日から25日にかけて、香港に隣接する広東省深せんにある旧市政府の門及びその附近で、多くの抗議活動が発生した。23日の抗議活動には100人余りが参加した。参加者の年齢は、上は60歳の老人、下は20歳前後の青年と様々であった。抗議者は揃って黒のTシャツを着ており、シャツの前後に、「反貪(貧困反対)、維権(人権を守れ)、国資、流出」などの文字がプリントされていた。抗議者の群れは、市政府前の花壇の大半を取り囲んでい

最高裁判所付属陳情窓口で、直訴者暴力によって死亡=北京

大紀元 / 2008年2月9日

2008年2月4日午後4時ごろ、黒龍江省直訴者・李桂芬さんが北京駅南の高等裁判所付属信訪辦(民衆の陳情を受け付けてくれる場所)の入り口で殴打され死亡した。

拘禁中のチベット人の子どもに拷問と虐待の危険性

Amnesty International / 2007年10月26日

甘粛省でチベット独立のスローガンを書いたとして9月7日から拘禁されている15歳のチベット人の子どもたち4人が、拷問と虐待を受ける危険にさらされている。ほかに、14歳の子どもが拘禁中に重い頭部損傷を受けて病院に入院している。

Syndicate content